飼い主がやるべきこととは?キャットフードなど見直して健康管理

犬と猫

ペットを飼う責任

ペットは人を癒してくれる家族の一員ですが、飼う時にはその子の一生を背負っていくことを考えなければいけません。健康なうちは大丈夫ですが、高齢になってくると医療費がかさんでしまいます。治療や手術に10万円以上かかることも珍しいことではないでしょう。また、いつかはやってくる別れの時も考えておくべきです。亡くなった時は、ペット供養をしてあげましょう。ペット供養は、手元や納骨堂などさまざまなタイプがあるので、自分達にあったものを選ぶことが出来ます。

普段からペットの健康を観察する

ペットは犬や猫以外にもたくさんの種類がいます。それぞれで健康状態の確認方法は異なりますが、触れ合うことを嫌がらない動物であれば、普段からのスキンシップを積極的に行いましょう。そうすることで、体調が悪い時の変化が分かりやすくなります。いつも名前を呼んだら喜んでくるのに、来ないとおかしいので様子を確認します。病気はなんでも早期発見が大事です。毎日欠かさずペットのことを気にかけてあげましょう。長く健康でいてもらうためには、いつもあげているキャットフードの成分などにも目を向けて、栄養のバランスを考えてあげることも大事です。

キャットフードのドライとウェットの違い

ドライフード

ドライフードは比較的日持ちがいいので、開封してからも数か月保存しておくことが出来ます。コスパもよく、栄養バランスもいいので常食にすることをおすすめします。固めのドライフードは歯石の予防にもなります。

ウェットフード

名前の通りドライフードに比べて水分量が多く、日持ちが悪いです。なので、開封してからその日のうちに食べきらないといけません。その代わりに、小分けになっているタイプが多いです。消化がよく便秘気味な子にあげると効果を発揮するでしょう。おやつ感覚でたまにあげるのに適しているでしょう。

バランスが大事

どちらのフードもメリット、デメリットがあります。なので、それぞれの特徴を活かして両方のタイプを食べさせてあげましょう。栄養の少ないウェットフードを与え続けると、栄養失調などで千葉に多い動物病院のお世話になってしまいます。偏ったあげ方をしないように意識しましょう。また、アレルギーを発症しやすい食材もあるため手作り食をあげるときは注意が必要です。

[PR]キャットフードのおすすめ商品をピックアップ☆
愛猫の健康を守ろう☆

[PR]ペット供養の専門業者をピックアップ☆
丁寧に対応してくれる

[PR]千葉で動物病院を利用しよう
診療内容を事前に知っておこう

[PR]ペット供養を任せよう!
葬儀の価格がリーズナブル☆

猫がアレルギーになりやすい食材

  • 牛肉
  • トウモロコシ
  • 小麦
  • 鶏肉
  • ラム肉
  • 乳製品
  • 大麦
広告募集中